毒親育ちの毒親考察

私の母は何かがおかしい

私のこと

毒親って、無意識に子供を否定するよね

子どもを否定する母 世の中を否定する母 親子の特質が違う悲劇 異常性の破壊力 子どもを否定する母 これまでにも何度も書いているが(最近こればっかりだ…)、毒親に対して最も恨みに思っているのは「否定され続けたこと」だ。 自分を擁護するために、娘を否…

誰のせいでもないけれど、ってことが一番モヤモヤするね

嫌なことを言うようだけど、 親が頭悪いって、子供にとってはものすごいストレスなんだ。 子供が小学校の高学年くらいになると、だんだん論理的な話を求めるようになるよね。感情に任せた話では物足りなくなってくるんだよ。 ところが頭の悪い親の方は、いつ…

ストレス耐性が弱いと出た話

アルバイトの採用面接で「性格診断」を受けた。 アルバイト採用でこんなことをしているのはとっても珍しい。 手間とお金のかけすぎやろ?と思うが、あれって本当に返答に迷うから好きじゃない。 こう考えればこうだし…ああいう場面ならこの答えよねぇ…などと…

仕事を長く続けようと思えば思うほど続かない

仕事探しは地獄めぐり 辞められない地獄 コールセンター地獄 趣味の話で盛り上がる地獄 長く続けようと思わない方が 本日は毒親とは関係ない話です。 ********* 仕事探しは地獄めぐり できれば65くらいまで働きたいなぁ…なんて思いつつ仕事を探して…

母が私にかけた「呪い」を解く

精神科医曰く、ミスの多さや対人関係の困難などがあり発達障害を疑ったものの、診察や検査により発達障害ではなく複雑性PTSDや適応障害だった人が非常に多いとのこと。原因は虐待やイジメ。ただ症状はASDやADHDのグレーとほぼ同じ。自尊心が低く周りを気にす…

バイト辞めた! 後日談です

「バイト、やめさせていただきます」と電話をした。 大きな仕事が終わったようで、ものすごく気分が良い。この1か月間のモヤモヤが晴れたようで、すがすがしい気分だ。 仕事を教えてもらった件の先輩にも辞めることを伝えた。 この人です。 menhera-life-dia…

バイトを辞める! 今日は単なる愚痴です(毒親以外の話です)

もう本当に嫌になる。 愚痴でも言わないとやってられない。 前にも書いたが、職場(アルバイト)の先輩のいうことが、ほんと~にわからない。なぜこうも指示がコロコロ変わるのか? 言った通りにしていても「違う」と言われる。「この間、こう言いましたよね…

私の毒親に対する怒りは「くやしさ」なんだ

私の母に対する怒りの底にあるものは何なのか? いわれのない癇癪をぶつけられるのが嫌なのか? 無意識に発せられる嫌味や暴言に腹が立つのか? それもある。大いにある。 でももっと深い怒りは、あんなに何にもできない人から、子供の頃、あれだけの暴言を…

もっと単純に人を嫌いになってもいいと思うんだ

自分の感情を疑うのは 不快の基準はいろいろ 自分に正直に 自分の感情を疑うのは 私には「あの人を嫌ってもいいのだろうか?」「本当は自分が悪いのではないか」と、問題の総点検を始めてしまう癖がある。 自分の感情に疑いを持ってしまうんだ。 でもそうす…

自分の人生を生きてない感じがする

確かなものがない心細さ 大人がいない家 何が「正しい」のかわからない 人生の迂回と虚無感 素直に「嫌だ」と思えない 確かなものがない心細さ 20代で結婚するまで、ずっといつも心細かった。 自分の心の中に「確かな何か」がないという不安がずっとがあった…

毒母と同じになるのが怖くて、人と気軽に付き合えない

自分の中にある「毒母の血」に気づいて恐ろしくなる時がある。 「ああはなりたくない」と固く心に誓って生きてきたが、気を抜くと「ああ」なっているんだ。 遺伝なのか習慣なのかわからないけれど、気付いた時にはぞっとする。 他人を悪く言って「自分は間違…

幼い頃の嫌な思い出・毒母はいつも怒っている

ソフトクリーム事件 ハーモニカ事件 なぜ怒る? 毒母はいつも怒っている。 私が5,6歳の頃が最もひどかったように思う。 その記憶は、幼稚園児だった頃の嫌な思い出として鮮明に残ってる。 特に覚えているのは次の3点だ。 「ソフトクリーム事件」 「ハーモ…

子どもの頃の辛い記憶を、なかったことにはどうしてもできない

うちの毒母は「言っても大丈夫」と舐めた相手にほど言いたい放題・したい放題なので、子どもが成長するにしたがって、子どもへの悪態はましになっていった。 高校生にもなると子供の方がはるかに「おとな」なので、あまりにふざけたことをしていると批判され…

母の日、今年も何もしなかった

母の日に何も送らなくなって何年だろうか。 昔はいろいろ送っていた。 花の年もあれば、物を送ったときもある。 確かに、好みでないものを送られても困る気持ちはわかる。だから滅多に物は送らないようにしていた。 だたある年だけ「財布」を送ったことがあ…

毒親ブログを書いて1か月が経ちました

このブログを書き始めて1か月が経った。 すっきりしますね、吐き出すと。 人に言うと「愚痴」になってしまう。他人の親の愚痴なんて誰も聞きたくないだろう。 昔々、友人に吐き出していた時期もあったけれど、今考えれば申し訳なかったなと思う。 その人は…

子どもの頃に言われて傷ついた毒母の嫌味5選

今回は、毒母の名言5選です。 私が幼稚園から小学校くらいまでに放たれたものです。 ①「子どもなんて欲しくなかった」 ②「女の子は嫌い! ベタベタしてくるから」 ③「娘は母親の味方をするもんだ」 ④「娘がいると家事が楽になるっていうけど、全然楽にならん…

母と私は、生きるための基本的ルールが違う

体は正直 ストレスって正直だなと思う。 母からの電話が鳴るたびに、心臓がバクバクする。 母からのラインが入るたびに、軽く眩暈がする。 母親に1日付き添うだけで、異常な肩こりになる。 「体に不調が現れる」というかたちで、私は母親を拒否してるんだと…

「毒親問題」の終着点はどこにあるんだろう?

毒親たる理由がわかればいいのか? 自分の土台に「毒」がある もはや「自分らしさ」もわからない これまで「です・ます調」で書いてきましたが、文章が長くなってしまうので、今後は「だ・である調」で行こうと思います(どっちでも良い話ですが)。 毒親た…

精神的苦痛は主観的なものだけど、それがすべてでもある

被害者側が「いじめられた」と思ったら、それは「いじめ」です。 犯罪と呼んでいいほどのいじめでない限り(それを「いじめ」なんてかわいらしく言ってはいけないと思うけれど)、「いじめ」とは非常に主観的なものです。 でも被害者が「つらい」と思う気持…

人間不信と完璧主義という後遺症に悩まされる

自分の母親から四六時中、他人の悪口や批判ばかり聞かされたためか、私は人間不信気味です。 そして白黒思考の完璧主義者になってしまっています。 母が言う悪口は、「これができていないとダメ人間なんだ」という強迫に化けて、今でも私の心に積もっていま…

毒親育ちは毒親になる? 私の場合は…

毒親の要素あり 遺伝が怖い 連鎖を断ち切りたいけれど 毒親の要素あり 私にも毒親の要素があると自覚しています。 言動・行動に衝動性があり、なぜあんなことを…と、後になって後悔することもしばしばあります。 毒親のタイプとしては「過干渉」になるでしょ…