毒親育ちの毒親考察

私の母は何かがおかしい

他人の夢の話ほど面白くないものはないと言うが、子どもの頃の悪夢のことを、ちょっとだけ語ってみる

幼いころから高校生まで、不気味で不吉な夢をよく見た。

 

小学校低学年の頃、

スグリーンの背景と静寂の中、

私が海に落ちてゆっくりと沈んでいく夢を繰り返し見た。

 

落ちてゆくとき、エレベーターで下る時の、あの嫌な感覚があった。

海底まで沈むと、ピーンというピアノの音がして、半分海底に埋もれた骸骨を見た。

 

半月ほど続けて見て、忘れたころにまた見て…

恐くはなかったが、不気味な夢だった。

 

中学生から高校生の頃は、誰かを殺してしまう夢を何度も見た。

 

故意にではないが、成り行き上殺害してしまうのだ。

「どうしよう、人を殺めてしまった」という焦りの中で目が覚め、

それが夢だったと分かった時は心からホッとした。

 

忘れられないのは高校生の時に見たもの。

私が日本刀を振り回し、

実家の前の道路で、次々と人をたたき切っている夢。

通り魔ではなく何か理由があったのだが、もう忘れてしまった。

 

これはさすがに恐ろしかった。

その時の映像をおぼろげながら覚えているが、

そんな夢を見る自分が怖かった。

 

なぜこんなに、犯罪を犯す夢ばかり見るんだろうと不思議だった。

何かの教訓?

犯罪を犯すとこんな気持ちになりますよ、という警告?

 

今思えば、原因はストレスだったのではないかと思う。

 

中学校の3年間は友人関係に悩み、暗黒の日々だった。

高校生になって気の合う友人ができ、学校生活をそれなりに楽しんでいたが、

それでも一日中集団の中にいる息苦しさは変わらず、相当にストレスが溜まっていたんだろうと思う。

 

家庭内でも問題は起こっていた。

悪夢を見ていた時期、両親の夫婦喧嘩の頻度は一番高かった。

 

あれやこれやのストレスが、

夢として現れていたのかもしれないな…

 

不思議なことに、結婚してからは悪夢を見なくなった。

実家から物理的に離れたこと、

自分の「家族」ができた安心感からかなと思う。

 

 

私が幼かったころ、男の子のような格好ばかりさせられていたことについての思い出ばなし

私の子どもの頃の写真を見ると、1歳から小学校低学年の頃にかけて男の子のような格好をしているものが多いことに気づく。

 

髪は短く、襟足を刈り上げた男の子のような髪型。誰かのおさがりなのか、鉄腕アトムのTシャツと短い半ズボンをはいていたり。夏で暑かったのか、パンツ一枚で三輪車に乗っている写真も複数ある。たまに女の子らしい格好をしているのもあるが、多くが「男の子」だ。

 

小学生になってからも、母が選ぶ洋服(手作りが多かった)は「ズボン」が多かった。なぜだかスカートとかワンピースといった女の子らしい服装は好まなかったようだ。

 

(*「手作りの洋服」と言えば聞こえば良いが、母は「ハギレ」や「着なくなった大人の服」をリサイクルした服しか作らなかった。生地を買ってまで作りたくない、もったいないと言い、だから母の作る服は配色が奇妙で何となく不格好だった。)

 

逆に私は女の子らしい服装や髪型が好きだった。好きと言うか「普通の女の子の格好」がしたかった。

 

小学校高学年になると自分の好みを主張するようになるが、母はそういった服を買うのを嫌がった。

 

というか、そもそも子どもの衣服にお金をかけるのを「もったいない」と思う人だったので、それで単に嫌だったのかもしれない。

 

母が子供の服にお金をかけるのを嫌がったエピソードとして覚えているのは、小学校3年生の時の祖父のお葬式だ。

 

私はお葬式に「赤色のワンピース」を着せられた。

 

子供心にも自分が場にそぐわない服装をしていることが恥ずかしかったが、母は「ワンピースだからいいねん、子どもはそれで十分だ」と言って平気だった。

 

小学校のスキー合宿でも、私一人が「母のお古の紺色のジャージ」だった。

 

他の同級生はみんな「スキーウエア」を着ているのに、防水加工もなにもされていない「ジャージ」を着ているのはとても恥ずかしかった。

 

そんな風に、ピアノの発表会も誰かの結婚式でも、母はいつも誰かのお古か借り物か、どこか安売りの店(工場直販とか)で適当な服を買ってきて私に着せていた。

 

私はいつもほかの子ども達と比べて、何か貧相で体型に合っていない洋服を着ていることが恥ずかしかったが、母は平気な様子で、私も何故か文句を言えなかった。

 

別に実家にお金がなかったわけではない。

 

分不相応な家を買ったせいで(母が強行したのだが)返済が大変だったことはあるが、遊びと食費には使っていたので”カツカツで大変”というほどでもなかったと思う。

 

場にそぐわない服装をさせていたのは、母自身が「その場にふさわしい」という感覚に疎かったことと、そして子どもの気持ちが想像できなかったことが原因だと思う。

 

母はよく「子どもはそんなこと気にしない、子どもなんて何にも思ってない」と言っていたが、実際にはそんなことはない。

 

子どもにも「心」がある。

いろんなことを考えるし思いもある。母にはそれが本当に分からなかったようだ

 

でも一番不思議なのは、なぜ私はああまで「自分の要望」を母に言えなかったのか、ということだ。

 

たぶん、母の言う通りにすることが母を喜ばせることだと思っていたように感じる。母の指示を拒否することは母を否定することだ、くらいに感じていたように思う。

 

はっきり言わないと分からない人なんだから、もっとはっきり拒否すればよかったと思うが、子どもの頃の私は(結構大人になっても)そう思い込んでいたのだから仕方がないのだ。

 

子どもの頃は、髪の毛を可愛く結んでもらっている女の子が羨ましかった。

 

私の髪は硬くて多いので、寝癖が付くとなかなか治らない。それなら少し長くして結んでしまった方が楽だろうにと思うが、母は不器用なので、子どもの髪を上手く結ぶことが出来なかったのだろう。それで短く男の子のような髪型にしていたんじゃないかと思う。

 

それならそうと言ってくれればいいのに、負けず嫌いの母は「短い方が可愛い、あんななよなよした髪は好きじゃない」と強がりを言っていたが、客観的に見ても、男の子のように襟足を刈り上げた髪型が「可愛い」とはとても思えないし、似合ってもない。

 

もっとかわいい恰好がしたかったなぁ…、皆と同じ格好がしたかったという、ちょっと湿った思い出ばなし…

 

 

私の歯を守ってくれなかった母、時代的には仕方のないことなの?

今朝Yahoo新聞を見ていると、

『歯を生やす薬の治験が9月から始まる!』という記事があった。

 

これはすごい朗報。

薬の第一の目的は生まれつき歯の本数が足りない子供への治療なんだが、そのおこぼれで歯を欠損した大人にも使えるのではないかと期待してしまう。

 

何を隠そう、私の歯はボロボロだ。

恥ずかしくて歯医者に行くのも躊躇してしまうレベル。

 

私の歯がボロボロなのは幼稚園の頃から。

 

いつも「今治水(だったかな?)」という歯痛を抑える市販薬を持ち歩いていた。その薬の苦い味は、今でも思い出すことができる。

 

母は自分の歯がボロボロにも関わらず、私の歯についても熱心ではなかった。

 

確かに、昔の歯医者受診は大変だった。

50数年前の歯科医院の多くは「受付順」で予約などというシステムはなかった。歯医者は一日がかりで、いつ順番が回ってくるかもわからないまま混雑する待合室で延々と待つというシステム。

 

しかし、子どもの歯がそこまでボロボロになるのは「食べ癖」が付いていることと、歯磨きの習慣がついていないことであって、歯医者に行く行かない以前の問題だと思う

 

母は、夜寝る前でも平気でジュースや甘いものを食べさせていたし、子どもが食べたいと言ったら、それを静止することもなかった。

 

母は子供に「躾」ができない人だったので、「歯を磨きなさい」とか「時間を決めて食べなさい」などと注意することも一切なかった。

 

逆に、おやつの時間を決めている家をバカにしていたし、母に歯磨きをしてもらった記憶もない。実際「したことない」と言っていた。

 

母は「乳歯は抜けるんだから手入れする必要ない」と思い込んでいて、悪い食習慣と歯の手入れ不足で、私の歯はボロボロになるままにされていた。

 

子どもの歯に無関心なのはその後も変らず、永久歯になっても母の無対応は同じだった。

 

小学生の頃「私の歯は、なんで歯と歯の間から虫歯になるんやろ?」と疑問を投げかけたが、母はそのことについて何か助言をすることも、何か調べて教えてくれることもなかった。

 

私は朝晩、普通に歯を磨いていたが、それでも次々と虫歯になった。

中学生で神経を抜いた歯が複数あるって尋常ではない。

 

大学生の頃に「歯間ブラシ」というものの存在を知り使い始めた頃には、時すでに遅し。

 

神経を抜いた歯はもたない。30代から歯を失うことが続き、40代で部分入れ歯、50代でかなり本格的な部分入れ歯になり、たぶん60代の前半で総入れ歯になるだろう。

 

私が大人になって「歯が悪いのは恥ずかしい」と嘆いていると、「歯が悪くて4ぬことはないからな」と言った母。「人間どこか悪いとこがあるもんだ、それが歯でよかったじゃないか」と。

 

そういう問題?

 

歯は手入れ次第でどうにでもなるものだよ、

だから「恥ずかしい」って言ってるんだよ。

子どもの歯が悪いって「ネグレクト」だと思われるんだけど知らないの?

それとも時代的に、子供の歯が悪いのは仕方のない事だったの?

 

成人した我が子は虫歯ゼロ。

それが私の誇りだ。

 

”自分が”母にとってきた態度に”自分が”脅かされている・気持ちと態度の乖離

母が亡くなったことを学生時代からの友人に報告し、「亡くなって正直ホッとした」と言うと、「お母さんとは仲良しだと思ってた。昔から旅行とかいろいろ一緒に行ってたし…」と言われた。

 

母と私との関係は、他人の目には「仲良し」と映っていたようだ。

 

それも当然だなと思う。

 

母に対する悩みは語っていたが、それでも母との関係を絶たずに、寧ろべったりとくっ付いていたのだから、人の目に「仲良し」と映っていても当然なんだ。

 

でも今、その私が取ってきた母への態度が私を苦しめている。

 

私の母に対する憎悪と、実際に行っていた行動が大きく乖離していた。

心の中では母を軽蔑し、憎み、嫌っていたのに、そう思いきることが出来ずに態度では母にすり寄っていたのだ。

 

だから、家族も他人も「そう」なんじゃないかと思ってしまう。

仲良くしてくれていても、心の中では私を憎悪しているのではないかと疑ってしまう。

 

何が本当なのか分からない。

人の親切、愛情、そういう私に向けられる「正の気持ち」を疑ってしまう。

信じてはいけない、騙されてはいけないと、自分を強固に守ってしまう。

不安で仕方がないのだ。

 

私の矛盾した行動が、後になって私を苦しめている。

バカなことをしたと悔やんでいる。

 

何度も何度も何度も言うが、

なぜもっと早く母を諦めなかったのかと、心の底から悔んでいる。

「境界知能の母親から生まれて」というブログ記事に激しく共感したことについて

 

 

www.hikipos.info

 

読んでいて「私の母のこと?」と思うほど、母そっくりな筆者のお母さん。

 

診断結果などの詳しい表記はありませんでしたが、『精神年齢が小学校3~4年生レベル』とのことなので、知的に障害があったことは確かなのだろうと思います。

 

ものすごく長くなってしまいますが、本文中で激しく共感した部分を抜粋します。

 

 

心理的虐待と愛着障害

「見えない子どもたち」というのは、そうした境界知能の母親から生まれた子どもたちを指しています。

境界知能じたいが気づかれにくい障害ですから、その子どもたちとなると気づくのはさらに困難になります。

しかしながら、人口の5%、つまり20人に1人の割合で存在していることになります。

とんでもなく分かりにくい母親との間で多くの混乱を抱えて生きているばかりか、愛着の形成がないので過酷な人生になることが多いようです。

 

愛着が形成される2歳までの大切な時期も、またそれ以降も、知的能力に欠ける境界知能の母親からは、私が心理的な支えや共感、つまりストロークを得ることは叶わなかったようです。

そしてこのような子育ては、心理的虐待に他ならず、私は「被虐待児」であると主治医からはまたもや思いもよらない指摘を受けることになりました。

主治医によると、子どもたちの多くは境界知能のため共感能力のない母親のもとでも生き延びますが、健全な愛着形成や基本的信頼の獲得は行なわれないとのことです。

境界知能の母親のもとは、きちんとした養育が受けられる環境ではありませんから、そこで育つ子どもは不安と緊張だけのひとりぼっちの人生になる可能性が高いようです。

 

境界知能の母親をもつ子どもの人生は、境界知能の当事者とはまた別の意味で過酷なものがあります。

愛着は、母と子の一瞬一瞬の交流の中で、母親から心理的な支えを与えてもらうことによって形成されていきます。愛着関係はその先の人生を生き抜いていくためにもっとも大切な基本装備、いわば「心の安全基地」です。これが形成されないまま育った20人に1人の「見えない子どもたち」は、基本装備を持たないまま不安に満ちた世界を生きていかなくてはなりません。

 

普通子どもの虐待というと、3、4歳の子どもが親からひどい暴力を受けたり、十分な食事を与えられずに死んでしまうことを想像しがちですが、0歳から2歳までの乳幼児が受けるこうした「見えない静かな虐待」、心理的虐待について私たちはあまりにも知りません。

虐待している側も気づかない、されている側も気づかない。
心理的虐待にはそういう側面があります。

 

他人のあら捜しや悪口がやめられない親

物心がつくころから、母親からは、父をはじめ、舅や姑、周囲の人たちに関する大量の悪口を聞かされて育ちました。

どうしようもないことですが、どんな母親であっても子どもというのは本能的に母親のことが大好きなのです。

子どもの私は、周囲の人たちを嘆き苦しむ母に、ただ黙って寄り添い、話を傾聴してきました。本当は耳をふさぎたくなるような内容の話ばかりでしたが、そうすることが子どもにできる唯一のことだと強く信じていたからでしょう。

 

母親は、たえず他人のあらを探さないと気がすまない人でした。

知的な問題を抱える母は、そうやって自分の価値を引き上げる必要があったのではないかと、今になって思います。

 

親の感情失禁と、大人の顔色をうかがってしまうこと

母はまた情緒不安定なところがあって、時に感情失禁を起こしました。感情をむき出しにしてわめき散らし、泣き叫び、手がつけられない状態に陥ることも少なくありませんでした。

以前は単なるヒステリーと理解していましたが、今はあれは感情失禁といった方がより近いような気がしています。

そして何よりも、母親のそうした姿は恐怖そのものでしたので、母がそういう状態にならないように、子どもの私はどれだけ母の顔色をうかがい、先回りして気を配っていたか分かりません。

 

精神年齢が幼い親

面接がはじまって2回目か3回目の頃でした。
「あなたは大人というものを知らない」
「あなたは人としての躾を、まったく受けていない」
という、まったく目の覚めるような、正しい指摘をいただきました。

 

また、いかなる家事にせよ料理にせよ、母が私に教えるということはありませんでした。

子育てもののYouTubeなどを見ていますと、親というのは、しょっちゅう子どもに対して何らかのコーチングをしていますが、私の母にはそういうところはありませんでした。
だからなのか、何をやっても、私は自信がありませんでした。
いつも堂々たる存在感を放つ人というのがいるものですが、その堂々たる存在感というのは、きっと母親から与えてもらったものなのでしょう。

 

思ってもみないような場面で、母親からはきょとんとした反応が返ってきて、子どもの私の方がかえってきょとんとすることがありましたが、それらについてはなぜか確認や追求をしたりせずにスルーしてきました。多くのことを確認や追求をせずにスルーした理由としては、感情失禁を起こされるのが怖いというのがあったと思います。

 

また母親は他人の悪口についてはよく口にしましたが、誰か身近な人物、たとえば私の祖母、つまり母の母親、あるいは夫などについて、少しでもまとまりのある人物評を語ったことがありません。

 

感情の握り潰し

母との関係をふりかえりますと、山のような違和感を私が握りつぶすことで成り立ってきた特殊な関係だったと言えます。違和感を握りつぶすために、私は相当に無理な心理的な操作を長年に渡って続けたことになりますが、それに気づいてくれる専門家は一人もいませんでした。

 

スキンシップの欠如

私の母親はかつて、幼児のような泣き顔になって
「ぎゅっと抱きしめてあげたいけど、それができないの」
と、ぽつんともらしたことがありました。

そう言えば、母にはスキンシップというものがほとんどなかったと思いますが、最初からなければ、子どもにとってはそれが普通のことになってしまうので、違和感を持ちません。つくづく本人が気づくというのは困難だと、あきらめに似た気持ちになります。

 

タブー視と救済

最後に、私が一番共感するのは次の引用文です。

 

境界知能の母親の問題に触れることは、一歩まちがえば、IQで人を、とくに女性を差別する優生思想に陥ってしまう危険があることを、私は認識しています。

「IQの低い女性は子どもを産むな、というのか」
などというふうに、メッセージが誤って受け取られかねない危険もあります。
こうしたことには十分気をつけなくてはなりません。

しかしそういうリスクを危惧するあまりか、専門家たちの多くは安全地帯に踏みとどまりすぎてはいないでしょうか。このテーマに関する専門家からの発信は、ほとんど見つけることができません。

境界知能の当事者が抱える困難については、宮口幸治氏らの著作によって、かなり光があたるようになってきました。
認知度も高まりを見せています。

けれど、境界知能の母親のもとで現実にいったいどのような養育がなされているのか、何が起こっているのかについては、まったくと言っていいほど発信されていません。
どちらかというとタブー視されているのではないでしょうか。

 

境界知能の母親から生まれ、育てられた子どもたちが味わっている、混乱や苦しみをこのままほうっておいてよいのでしょうか。
私と同じような混乱と苦しみを抱えた「見えない子どもたち」が、助けを求めて訪れた専門機関でもまっとうな理解が得られずに、あちこちさ迷っている姿がはっきりと脳裏に浮かびます。

私は精神科医や臨床家たちに強く求めたいと思います。
境界知能の母親から生まれた「見えない子どもたち」を「見えない」ままに見過ごしにしてしまわないでほしい。
もう少し感度を高めて、その背景を探り、理解し、適切なケアを与えてほしい。

 

最後に

「差別になる」とタブー視するあまり、子どもの権利や人権が無視され、困難の中にいる子供が大人からほおっておかれている現状には憤りさえ感じます。

 

差別があってはならないことは万人が分かっていること。

そのうえで厳しい状況にいること子どもを保護し、時には養子に出すことも視野に入れ、「親」の権利と希望ばかりに重点を置くのではなく、未来のある子どもを第一に考えて救済策を考えてほしいと思います。

 

 

いじめた人間はなんとも思ってない、ということについて

 

たまたま目にしたこの記事。

いじめた人間は反省もしないし何の後悔もないという内容だが、私は「そうだろうな」と思った。

 

news.yahoo.co.jp

 

以前にも書いたので再びになるが、

うちの母は小学生の頃、クラスメイトの女の子に暴言(体型を揶揄する言葉)を吐いて、嫌がらせを繰り返していたそうだ。

 

その女の子は先生に相談し、母は先生から注意を受けたと言っていた。

 

まったくもって普通の対応だと思うのだが、

母は「○○が先生にチクった」と憤っていた。

その時、母は70代。

 

子どもって残酷なことをするよね、とか

○○に悪い事をしたわ、とか言うのだったらまだわかる。

でも70代になった母は本気で怒っていた。

 

怒る母を見て、

「この人って”本物”だわ」と思った。

 

そんな体験をすると、

いじめの加害者は被害者のことなんて心底なんとも思ってないんだろうなと、真実味を持って思うのだ。

 

ちょっとからかっただけなのに気にする相手が悪い、

そもそも虐められる人間が悪い、

所詮、加害者が思うのはこんなこと。

どこまでも「自分は悪くない」のだ。

 

虐めの被害者は、さっさと転校した方が良い。

 

加害者は変わらないし、

一旦作られてしまった雰囲気も変わらない。

 

人を執拗に虐めるような”ならず者”とは関わらない方が良いし、

そんな環境からは早く立ち去った方が良い。

私はそう思う。

 

 

子供に他人の悪口を垂れ流す親

『子どもを相手に、親族や周りの人たちの悪口や愚痴を垂れ流す』

これ、親は無意識にやっているのだろうけど、やられる子供は大打撃を受ける。

 

www.youtube.com

 

私が母を「毒」だと思うことの一つにこれがある。

 

幼い頃、母の悪口の標的になっていた第一位は父だった。

そして父の親、兄弟、親戚、自分の兄弟姉妹や友達まで的になっていた。

 

母の関係者で母の悪口の標的にならない人は一人もいなかった。

よくあれだけ人のことを悪く言えるものだと感心するほど、母の悪口は酷かった。

誰でも愚痴を垂れ流してしまうことはあると思う。

でも母のそれは、あまりに度を越していた。

 

動画の中でも言っている通り、

親が悪口を言うと、子どもはその人と仲良くできなくなる。

仲良くすると、自分が親を裏切っているような気持ちになるからだ。

 

そうやってどんどん子供の周りから大人を排除し、最後には「母」しか残らない。

 

もちろん母にそんな知恵はないし、ただ単に自分の感情を垂れ流しているだけなんだろうけど、でもその無意識の悪意が子供を「人間不信」にしてしまうのだ。

 

母の悪口を聞いて思った。

あぁ、人はこんな風に思うんだ…って。

きっと私も、誰かに陰で悪口を言われているんだろうな…って。

そんなふうに、幼い頃から人の醜い面だけを見せられ続けたような気がする。

 

母は他人を落とすことで劣等感から自分を守っていたんだろうと思うが、子どもにとっては「よそでやってくれ」であって、ひたすら迷惑なだけだった。