毒親育ちの毒親考察

私の母は何かがおかしい

うちの毒親は【余裕のない人】だったなぁ…

 

うちの亡き毒親は、何につけても【余裕のない人】だった。

 

気持ち的にはもちろんのこと、頭の余白というか、いざという時の為の、頭の予備スペースが全くない人だった。

 

「いるかいらんかわからんが、取り敢えず情報としてキープしておく」という事ができないんだな。メモリースペースが異常に狭いのか、「今、生きるに必要な最低限の事」しかキャッチできないし頭に残しておけないんだよ。

 

例を述べるてみる。

 

我が子がまだ幼かった頃、私の両親、私と子どもとで川遊びに行ったことがあった。

 

よく行く川だったが、着いた時にはすでに先客があって、若い男性二人と子供が遊んでいた。私たちは彼らから5メートルほどの距離に日よけのテントを張った。

 

親戚の子供を遊ばせているのかな?と思っていたら、向こうから父親らしき年配の男性がやってきた。何気に見ていると、その男性の背中には一面に「入れ墨」が彫ってあったのである。

 

私は慌てて目をそらした。傍にいた父を見ると、なんともいえぬ険しい表情をしていた。「えらい時にきてしまった…」 私と父は多分同じ気持ちだったと思う。

 

聞こえてくる会話や彼らの態度から察するに、若い男性らは「組の若い衆」で、「入れ墨」の年配の男性は親分みたいな立場の人で、子どもはその息子。親分が幼い息子と若い衆を連れて川遊びにきたのであろう。彼らは水遊びやバーベキューを楽しんでいた。

 

ただそれだけのことで、特に何かされるとかはなかったのだが、何もなくても妙に緊張すると言うかなんというか…。

 

その帰り道、「今日はエライ人たちと一緒になったねぇ…」と私が言うと、なんと母は「何が?」と聞き返してきたのである。

 

「何がって、隣の集団、あれヤ〇ザやで? 背中に彫っであったやろ? 会話もそんな感じやったやんか」

「彫ってあったって、何が? 何か言うってたん?」

 

もう呆れてものが言えん。直ぐ傍に半日もいたのに、なんで気が付かんの? なんも見てないんかいな?

 

母はこんな感じで、周りを何も見てないし、何も気が付かない人だった。だからあらかじめ危険を察知し、避けることもできない。

 

他人に関心がないから何も目に入らないのか、視野が恐ろしく狭いだけなのか…?

 

何がどうでそうなのかわからないが、頭に余裕がないんだろうなと思う。できる限り情報をキャッチして状況判断をする、そういうことが恐ろしくできない人だった。

 

あらかじめ先のことを想定しておけないから、すぐ不安になってわめくし騒ぐ。あらかじめ情報をキャッチして蓄えられないから、実際にそうなってから慌てる。

 

これが子供ならいいのだが、大人の恰好をしているから扱いに困った。

状況を説明すると、バカにしているとか偉そうだなどと文句を言う。自分だけ気が付かないことが悔しいのか恥ずかしいのか、すぐに逆ギレされるので面倒なことこの上ないのだ。

 

なんであんな子供の様な人が大人の顔をして生きていたのか不思議でならないが、周りの者は異常に気を遣わないといけないので、疲れるのである。

 

 

毒親の毒親たる所以【思考能力が中学生で止まっていた人】

 

うちの毒母は、過去の体験や経験から何も学べない人だった。そのためか、彼女の思考は中学生くらいで止まっているように思えた。

 

前回でも書いたが、母は、ずるがしこく反社会的な行動をとる人が好きだった。

 

怒鳴り散らして人を黙らせるような人や、こずるい方法で得をしているような人を【賢い】と褒めていた。

 

これってある意味、中学生くらいまでの【子供の感覚】だと思うのだ。

 

大人になるとそれがどれほどカッコ悪い事がわかる。だから誰も【賢い】なんて思わない。面倒なので、黙って遠ざかるだけであろう。

 

思慮深く頭がいい人や利発な人、思いやりのある人などは、生意気だとか、理屈臭いだとか、人に媚びへつらっているとか、なんでそんな考えになるのかさっぱりわからないが、母にとっては理解不能な人々と映るようだった。

 

実際、母は【頭が良い人(利発と言う意味で)】が理解できないようだった。理解できないというか、誰がそうなのか判別ができないと言う感じだった。

 

だからわかりやすく目立つことをしている人(大声で威嚇するとか、儲けているとか)にしか目がいかないんだろうと思う。

 

こうやって書いていると、母は徹底して【難しいこと】がわからない人だったんだなと思う。わかりやすいものにばかり目を取られるのは、分かりやすくないと分からないんだ。

 

分からないんだったら、せめて黙っていてくれないか? と思うんだが、こういう人に限って声が大きい。自分の思ったことを大声で主張するから厄介なんだ。

 

私は子供ころ、ヤ〇ザやヤ〇キーみたいなのがいいのかと思っていた。そうなったら母は喜ぶのかなぁと思っていた。それくらい、母の価値観は歪んでいた。

 

まっすぐ進もうとしているところを、その歪んだ価値観で大きく迂回させられたような気がして悔しいのである。

 

 

毒親の毒親たる所以を振り返ってみる 【文句と批判の多い人】

 

うちの亡き毒親はなぜ毒親だったのかを、振り返ってみようと思う。

 

母は文句の多い人だった。

物に対しても、人に対しても、不満や批判ばかり言う人だった。

 

的を射たもっともだと思うような批判ならまだしも、母の批判は大概が【超主観的】で、思い違いや思い込み、自分の好き嫌いからくるものでしかないので、それは単なる【攻撃】でしかなかった。

 

したがって母の傍にいると常に不条理な攻撃を食らうので、徐々に精神が病んでいくのである。

 

なぜあの人はあんなに他人を攻撃していたのか?

 

自分は正しい、自分は悪くないと確信するための自己防衛だったのか?

それとも、気になったことから目をそらすことができず、いつまでも【批判】と言う形で拘っていたのか?

 

今となっては確かめる術もないが、大した理由などないという事だけはわかる。思いついたことを思いついたままに、周りの状況を考慮することなく衝動的に発言していたのだろうと思う。

 

しかし、悪気がないから許されるとか、罪が軽減されるなんてことはない。

 

受けた側には理由なんて関係ないのである。「相手に悪気がない、ならば受けた傷が軽くなる」、そんなことはありえないからである。

 

私は今でも、私の生きにくさの何割かは、あの母に起因していると思っている。そのことで私は、母を恨み憎んでいる。

 

あれもできない、これもできない、お前はほんとうにダメな子だ。

そう暗に言われ続けたことによって、私は自己評価と肯定感が恐ろしく低い。(言った本人にその自覚は全くない)

 

自分は何のために生きてるんだろうかと、思ったこともある

 

何とかしようと努力に努力を重ね、それでも母が「良い」と言うような人にはなれなくて絶望していた10代。

 

母が「良い」と言うのは、簡単に言えば「分かりやすく自慢できる子供」である。

 

人前で派手なパフォーマンスをして「○○ちゃんはすごいね」と言われるとか、外見が美しいとか、友達が100人いて毎日家に押しかけてくるとか、そういう【わかりやすい子】なんである。

 

頭が良くて勉強ができるとか、思慮深く利発であるとか、思いやりのある優しい子とか、そういうことではないのである。母にはそういう事が理解できないので、自分が理解できないことはどうでもいいのである。

 

むしろそういう種類の子供を嫌っていた。

大人びていて生意気だとか、勉強ばっかりして面白くない子だとか、人に媚び売ってるとか、とんでもない思い違いをする人だった。

 

自分が理解できない事、自分ができない事をに関しては徹底的に否定・批判・拒否をする人だったので、子どもに対しても抜かりはないのである。

 

そしてこのことは副作用として、子どもの価値観や常識をゆがめてしまうことにもなるのである。

 

 

 

このブログ、これからどうしようか…と考える

毒親本人が亡くなった場合、「毒親ブログ」をどうするか迷う…

 

毒親は当ブログの存在を知らなかったのだから結果的には同じなんだが、一方的に言いたいことを言うのはなんだか嫌な気もするんだな…

 

でもまぁ、毒親発達障害についていろいろ言いたいこともあるし、毒親についての記憶だけじゃなくて、いろいろ思うことを書くっていうスタンスでもいいかなとも思う。

 

自分のこれまでの「生きにくさ」について語ろうかな…とか(嫌われる「自分語り」になるんだけどね)

 

毒親が残していったものをどうするかって問題もある。

そんな話題でもいいか…

 

ここは私の愚痴の掃き出し場。

愚痴はいくらでも湧いて出るので、このまま残して吐き出すことにしたらいいか。

 

そうだな、そうしよう。

 

 

2023年が始まりましたが、新年早々暗い話をしようかな…

あけましておめでとうございます…

と言いたいところだが、そう言えない事態になった。

 

件の「毒母」が昨年の暮れに亡くなったのだ。

 

お正月にする話ではないなぁ…と思いつつ、ここは所詮、愚痴の掃き出し口。「まぁいいっか」てなことで続けることにする。

 

亡くなる数日前に電話があって、相変わらずの「嫌味」を言われて切ったのが最後。その時は言い合いはせずに、こちらが折れた。

 

お正月に会うことになっていたので、「嫌だなぁ…会いたくないなぁ…」と思っていたら、数日後の深夜、亡くなったとの電話が入った。

 

不謹慎なことかもしれなが、不思議なくらい悲しさはなかった。悲しくないどころか、心の底からホッとした。

 

介護することなく亡くなったのは、神様からの贈り物だと思っている。

 

今でも、ラインの通知音、電話の呼び出し音が鳴り響いた時、一瞬ドキッとする。少しだけ心臓がバクつく。

 

「あぁそうか、もうあの人から連絡が来ることはないんだ。もうバクつく必要はないんだ」

 

そう思うと、心底ホッとする。

 

これでやっと、自分だけの人生を歩めそうな気がする。

自分の事だけを考えて、家族の事だけを考えて、したいことをして自由に生きていけるんだ。

 

ケチを付けられることも、嫌味や暴言に苦しめられることもない。厄介ごとを押し付けられることもない。あの人の思い付きや、行き当たりばったりの行動に振り回されることもない。

 

晴れ晴れとした自由がここにある。

 

人が聞いたら「なんて親不孝な娘だ」と思うだろう。

でもこれが正直な気持ちなんだ。

 

あの人に対して、私はもう十分にやった。

 

幼いころから愚痴の聞き役に徹し、不満や不安のはけ口になってきた。精神面での「ヤングケアラー」の役割を担ってきた。

 

もう十分だろうと思う。

「ホッとした」と言ってもいいと思う。

 

お葬式で泣かなかったのは始めてだった。

 

あの世からそんな娘を見て、あの人はどう思っているだろうか。

 

きっと「薄情な子や」と悪態をついていることだろう。だけど、もうその声も姿も見ることはない。だからもう、どうでもいいや。

 

私を苦しめ続けたお母さん、

さようなら、永遠に…

 

 

只今メンタルが撃沈しているので、「学校が嫌いだった」の話をしようと思う【その⑤ 子どもが独りで遊んでいると怒られるの巻】

 

思い出してみれば私はいつの年齢でも、独りで自分のしたいことをするのが好きな子供だった。それが楽しくもあり幸せだったのである。

 

でも世の大人は、子どもが独りでいるのを許してくれないのである。

 

大勢でワイワイやってないと「なんで?」と言われるのである。

なぜだか「寂しい子」扱されるのである。

昭和の時代は特にそうだった。

 

この「友達100人問題」に、私は生涯において苦しめられた気がする。

 

幼稚園の頃は保護者面談の度に「サルサルちゃん(私)は、いつも独りで遊んでます…」と注意を受けていたらしい。不安になった母から、何かと嫌味を言われたのを覚えている。

 

帰宅後に遊ぶ友達はいた。でも学校では独りでいたかったのである。

 

別に「はみご」にされているわけでもないのだが、みんなと一緒に何かしても面白くないのである。というか、自分がしたいように過ごすと「独りで」となってしまうのであるよ。

 

私は何か目標を決めて、それに向かって「独り特訓」するのが好きだった。だから必然的に「独り」となる。

 

幼稚園~小学校低学年の頃は「パズル」や「クイズ」をひたすら解いていた。小学生の頃は、雲梯の3段飛ばしの練習もしてたなぁ… あとはゴム飛びとか。周りの女の子ができないレベルに到達したときは、これ以上ない喜びを感じたものである。

 

そう思うと、何と言うのかな…

私は「農耕型」じゃなくて「狩猟型」の人間なのかもしれないな。

 

みんなと和気あいあいと過ごすよりも、何かを獲得したい到達したいという欲求が人一倍強いのかもしれない。

 

一般的に言うなら(あくまで一般的にだが)、女子よりも男子の方がその傾向が強いように思う。

 

男子と一緒にいる方が楽って言うのは、そういう所もあるのかもしれないなぁ…と思ったりする。

 

高校、大学と学年が上がるの連れて、「友達100人問題」は薄れていったように思う。

 

高校の時に初めて「私もそう思う」と共感してくれた子に出会ったが、その時は目の前にパッと光が走ったような気分になったものだ。

 

高校、大学にはそんな人が結構な数いたんだが、社会人になると、場の雰囲気が不思議なほど中学時代に戻った。

 

どこの会社でも同じなのか? あれは実に不思議だった。

 

それでも職場はまだましだった。

最も私を悩ませ苦しめたのは、それから10年近く後にやってくる「保育園ママたち」だったのである…

 

只今メンタルが撃沈しているので、「学校が嫌いだった」の話をしようと思う【その④ 私立中学への憧れの巻】

前回からの続き…

 

中学の3年間を思い出しても、楽しい思い出はひとつも見当たらない。

 

端から見ればどうだったかはわからないが、本人にしてみれば「とにかく、しんどかった…」という感覚が残っているだけである。

 

学校のシステムに馴染めない。女子ワールドも苦手だ。しかも所属グループとの相性も最悪だ。それでも懸命に「普通への擬態」に励んでいた。

 

ヘトヘト状態の私には、うっぷんをぶつける相手が必要だった。私はそれを「公立の学校」と定めたのである。

 

この大変さは、学校が「公立の学校」だからに違いない。このシステムやメンバーが悪いのは、それが「公立の学校」だからだ! という、今考えると、なんとも支離滅裂な他責少女になった。

 

と言うのも、小学生の頃、私は「中学受験」がしたかったのである。

 

当時(1970年代末~1980年代初頭)私が住んていた地方都市でも、ぼつぼつ私立中学に行く子が増えつつあった。

 

今ほど「モーレツ受験!」と言う感じではなく、日曜日に専門塾に通い、それで行ける学校に行ったらいいわ、という緩い感じだったと思う。

 

もちろん、うちの親はそんな時流に気づくこともなく、たとえ子どもが訴えたとしても「子どもの為に情報収集」なんてことはできるはずもない。

 

家でも「○○さんも、△△ちゃんも私立受けるらしいで」と話していたが、それで何か感じる取るような敏感(?)な母ではない。「へぇ~」と言ったら終わりである。

 

金銭的にどうとか言う前に、自分が関心の無いことは本当になんも関心がないんである。「ひょっとしてこの子は…」なんてことを思う人ではないので、言うだけ無駄なんである。

 

「なんではっきりと「私立に行きたい!」と言わなかったの?」と思うかもしれない。でも、当時の私は、というか今でも、私は自分の気持ちをはっきり伝えられない子どもだったのである。

 

小さい頃から「私がこう言えばああなる、ああなればそうなる」と先の先まで考えて、親が発狂しないように気を遣ってきたことから、自分の気持ちを押し殺す癖がついてしまっていたのかもしれない。

 

持って生まれた私の性格もあるかもだが、あの家には「素直に言えない何か」があったことは確かなんだ。

 

そんなふうに、親には何を言っても無駄であると日頃から諦めていた私は、「私も中学受験をしたい」とはどうしても言い出せなかった。

 

私が行きたかったのは「某国立中学」なんだが、今の人間関係を変えたかったのと、自分の力を試したかったのとの両方だった。

 

そこでどうしたかと言うと、私は本屋に行って「自由自在」の全教科を買い込み、独りで勉強を始めたのだった。

 

親に言わずにどうするつもりだったの?と思うが…小学6年生の私には、そんなことしか思いつかなかったのである。

 

まぁでもお察しの通り、中学受験の勉強を子供一人でするには無理がある。あまりに無謀である。

 

もし一人でできるなら、そりゃ天才でやんす。

 

数学オリンピックで金や銀を取るような異才には可能なようだけど、それでも情報収集は親がやる。

 

あまりに無謀な計画を立て、そして数か月で諦めた(飽きた)私は、結局親には何も言わぬまま、地元の公立中学に進むことになるのであった。

 

当時、私が通った地元中学は最悪な環境だった。

 

ちょうど「校内暴力」が流行っていた時代で、我が母校の窓ガラスは年中どこか1枚は破損している状態で、ある年などは、その冬の間、教室の廊下側の窓ガラス1枚がない、という悲惨なこともあった(寒かった…)。

 

学校にはヤンキーとその彼女である「姐さん」が君臨していて、登下校(なぜだか毎日学校に来る)の時には、下っ端のヤンキーがずらっと並んで「おっ$&!っす!」と挨拶するんである。

 

彼らは「スクールカースト」の場外にいて、彼らだけのワールドを形成し、その他の生徒とはほとんど関わりの無い状態だった。

 

しかしそれでも彼らの醸し出す「破壊力」絶大で、学校は「勉強する雰囲気」を完全に失っていた。

 

明るくて、人に”うける”ことが至上命題だった中学時代。学校だけじゃなく、1980年代は日本全体がそんな雰囲気だった。

 

「クラ~い」と言われるのが何よりも恥ずかしい時代。私は、その時代の雰囲気に、全く合わなかった。

 

そんな私は学生時代に密かに心に決めたことがある。

それは「将来、自分の子供は絶対に私立中学に入れるぞ!」というものである。

 

公立不信はずっと続いていて、まだ見ぬ「私立の学校」に理想を抱き、淡い恋心を寄せていた10代だった…

 

そして後年その恋心は実を結び、我が子は中学から私立に入れた。

 

まだ続きます…長いですなぁ